自立支援」カテゴリーアーカイブ

2018沖縄自立支援

2019年3月2日、沖縄県で実施されてきた今年度の自立支援プログラムの修了式が行われました。
今年は県内4か所の児童養護施設から11名の高校生男女が参加し、それぞれの自立に向けて4回の講習でさまざまな経験を積んできました。

最終回のこの日は社会人としての身だしなみをテーマとして、資生堂から講師を招き、女子は社会人としてのメークを、男子はスキンケア、ヘアケアを中心に学びました。

また男女ともスーツに着替えてスーツの身だしなみを学びました。特に男子はKPGホテル&リゾートの比嘉利作様を講師に、一人ずつスーツの着方やネクタイの結び方など、清潔感のある着こなしを教わる機会となりました。

プログラムのおわりには修了式を行い、修了証の授与と一人ずつ作文を読み、これまでの学びの時間を振り返り、これからの新しい人生の始まりについて語りました。

その後は会場にて軽食をつまみながら歓談し、それぞれ違う施設から集まってきた仲間同士で楽しく語り合う時間が持たれました。
春からはそれぞれの生活が始まりますが、このような機会が持てたことは18歳の修了生たちにとって貴重な経験になったことと思います。

エンジェルサポート東京2018修了式

 2018年9月から行われてきた「エンジェルサポート自立支援プログラム2018東京会場」の最終回が、2019年2月23日と24日の一泊二日で、オリンピック記念青少年総合センターを会場に行われました。

 この最終回では、同じようにこれまで他会場で自立に向けての学習を続けてきた、里親子支援のアン基金プロジェクト、神奈川フォスターケアサポートプロジェクト、のNPO二団体と共同開催とし、里親家庭からの自立を控えた高校生たちと一緒に、参加者合計32名で一部プログラムを合同で実施しました。

 初日は「社会人としてのコミュニケーション」として、企業など社会で生活するうえで必要な行動や言葉、身だしなみ、表情、など具体的な事例を元に考える機会としました。また会社の辞め方、困ったときの相談相手、失敗したとき、などについても考えました。
 電車が遅延して始業時間に遅れるとき、どのように連絡したらよいのか?など実際にロールプレイを行い、参加者も考えながら実践的に学べていました。

 高校生にとってはとても実践的で高度な内容でした。レジュメに向かって一生懸命に考え、ディスカッションをし、全体に発言をしていましたが、終了後にはばったりと机に倒れ込むほど集中している様子も見られました。それでもこの内容は働き出してからしばらくして気づくことも多くあり、今からあらかじめ考えておくことのできたことは非常にありがたいことであったと思います。

 夜は施設出身の先輩たちが会場に集ってくれて、施設を退所した後でどのような生活をしてきたか、仕事や学校、お金のこと、家族を持つこと、出身施設との関係、などについて、グループに分かれて丁寧にざっくばらんに話してくれました。
 毎年行われているこのプログラムですが、講師が話をする色々な講習よりも、よほど参考になることが多くある内容です。参加者にとっても好評でした。

 宿泊は男女別の大部屋でしたので、色々な施設から参加してきている参加者同士で共同生活をし、入浴や食事のときは一緒に行動することになりました。プログラム以外の生活の場面で様々な話をしたり一緒に過ごすことは、楽しい思い出として支え合う仲間づくりにつながっていきます。

 二日目は午前中にコラージュの制作を行いました。自分の生活や目標を視覚化して明確にするのが目的です。参加者同士で、職員の皆様と、出来上がった作品を見ながら話をしている様子があちこちで見られました。

 最後に修了式を行い、全員にエンジェルサポートセンターからの修了証と、協賛のフィリップモリスジャパン合同会社、ホンダ販売労働組合、株式会社AOKIからのご支援による「ホープチェスト」の授与が行われました。
 そして壇上から会場に向けてそれぞれの決意表明が行われ、他の参加者、来賓の施設長、施設職員の皆様、里親会の皆様の前で自分の未来についての決意を立派に語りました。

 修了式の後、会場をレセプションルームに移動してパーティを行い、仲間で語らいながら美味しい食事をいただき、楽しい時間を過ごしました。
 これから進む道は皆それぞれですが、またこれからも卒業生の会も行われますし、先輩としてプログラムに関わってもらいたいという話もして、すべてのプログラムが終了しました。 

 これまでこのような機会をいただけたことは本当にありがたいことです。児童養護施設や里親家庭からの自立、というテーマは未だ社会的に認知がされているとは言えませんが、少しずつ支援も増えてきている印象です。これからもさまざまな環境にいる子どもたちを社会の一員として迎えられるようにともに学ぶ機会を設けていきたいと思います。

2018岩手自立支援

2月20日、岩手県内ののすべての児童養護施設の高校生を対象にした、エンジェルサポート自立支援プログラム岩手の最終回と修了式が行われました。
今年は22名の高校生が集まり、にぎやかなプログラムになりました。
この日は朝から調理実習を行い、グループに分かれて調理をしてそれぞれ食事としました。メニューは餃子や牛丼などでしたが、なかなか料理をする機会のない参加者も多かったようでした。慣れないながらも皆で餃子を包んで皆で食べて、それは楽しそうにしていました。

午後は暮らしにかかるお金の使い方として、消費生活相談員の講師から、家計シミュレーションやクレジットカード、消費者金融などの講義を受けました。
また契約、悪質商法、ネットのトラブルなどについても学ぶ機会を持ちました。

最後に修了式を行い、一人ひとりの決意表明が行なわれました。またエンジェルサポートセンターと、フィリップモリスジャパン合同会社から、修了記念に本人の希望する生活用品やビジネススーツのプレゼントが授与されました。

帰り際にここで出会った別々の施設からの参加者同士で別れを惜しむ様子も見られました。講習の内容だけでなく、楽しい思い出とこれからも支え合える仲間ができたことは、これからの新しい人生のスタートに向けて励みになることでしょう。

2018青森自立支援

2月19日、青森県の児童養護施設あけぼの学園の高校生を対象に行われてきた、エンジェルサポート自立支援プログラム青森の最終回と修了式が行われました。
今年の参加者5名は、5回のプログラムで自立に向けて多くの学びの機会にしてきました。この日は里親さんたちのご支援をいただき、マンツーマンでサポートを受けながら、調理実習を行いました。
あけぼの学園では昨年施設の小規模化を行い、高校生男子は少人数のグループで家庭的な暮らしをしているとのことで、普段から買い物や料理をする機会が多くあるため、この日も初めて作るメニューでもアドバイスを受けながらそれぞれ上手に料理をしていました。

食事を終えて片付けも済ませた後は修了式を行い、一人ずつに修了証の授与と決意表明が行われました。それぞれ自分の目標を宣言して、皆からの応援を受けながら決意を新たにしていました。

青森から遠方へ就職する修了生もいますが、遠く離れた土地でも自分の目標に向かって幸せな人生を送っていってほしいと願います。そのためにこのプログラムが助けになればなによりです。

2018福島自立支援

1月26日、福島県でのエンジェルサポート自立支援プログラムが始まりました。
今年は県内5か所の児童養護施設から11名の高校3年生が集まり、来る春の自立の時期に向けて学びの機会とすることができました。

初回となる今回は、午前に「一人暮らしに役立つレシピ」として調理実習を行い、手軽で栄養バランスの整った食事を作り、できた料理を食べて昼食としました。。

午後からは「退所後の孤独感や孤立感と向き合おう」というテーマで、学生と社会人の違いやコミュニケーションのコツなどについて学びました。
参加者の高校生はこの日に初めて会ったこともあり、緊張しながらのプログラムでしたが、料理をしたりワークを行うことで、少しは慣れていった様子も見られました。発言を求められた際には全員とも丁寧に答えていて、頑張って参加している姿がありました。

今回から二月に向けてプログラムが進んでいきます。福島ではそれぞれの回を異なる施設の職員の皆様が各回の運営を担当していただき、県内すべての施設から参加者を募っています。この方式でこれまで継続して実施が出来ていることに皆様に感謝申し上げますとともに、今年も高校生の皆さんへの支援ができますことをうれしく思います。
春からはそれぞれの道へ進みますが、少ない機会でも多くの学びのチャンスとしてもらえたらと願ってやみません。