投稿者「admin」のアーカイブ

2020児童福祉施設職員のためのワークショップ開催中止

毎年秋に実施しておりました、テレビ朝日福祉文化事業団主催「児童福祉施設職員のためのワークショップ」は、新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。

大勢の受講生が全国から東京の会場に集まり、宿泊を伴い、対話により進行する研修で、講師がアメリカから来日する、といういずれも安全な実施が困難であるという判断になりました。

何卒よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人エンジェルサポートセンター
理事長 高橋利之

 

2020年度の活動について

例年ゴールデンウィークに実施しておりました、出身者対象のバーベキューイベントを中止とさせていただきます。
また2020年度のプログラムの実施も現時点で未定です。

新型コロナウイルスへの対応について

今年もエンジェルサポートセンターと連携した自立支援プログラムが、北海道、青森、岩手、福島、東京、神戸、福岡、熊本、沖縄、の全国各地の児童養護施設で行われていますが、新型コロナウイルス感染の影響を鑑み、それぞれ年間予定途中での中止、延期、施設内のみに限定して実施、規模の縮小、などの対応を行っています。
このページでも例年に比較しておしらせが減ってしまっていますが、そのような事情によるものです。
現在は状況の推移を注視している状態ですが、またおしらせできるようになりましたら更新して参ります。

北海道での自立支援プログラム2019

2月22日、北海道の児童養護施設函館国の子寮にて、2019年度のエンジェルサポート自立支援プログラムの今年度最終回と修了式が行われました。
昨年度から始まったこちらのプログラムも2年目となり、今年は11名の高校生が自立に向けて学びの機会としてきました。

1月から4回のプログラムを行い、これまで携帯電話の使い方やトラブルについて、薬物依存、犯罪についてなど、専門家の講師から講習を受けてきました。
この日は緊急・防災に関してと題して、自然災害や火災等を防ぐ方法や発生したときにいかに身を守るかなどについて学びました。

講習の後は修了式を行い、全員に修了証が授与されました。また対象者には株式会社AOKIより自立に向けてビジネススーツのプレゼントが行われました。

このプログラムの受講生の皆さんにとっては、講習の内容が自身の役に立つことはもとより、自立に向けての意識が強まったとの声がありました。
北国の春はもう少し先ですが、国の子寮を出るときまで、さらに準備を重ねて少しでも不安をなくしていくお手伝いができたらと願います。

岩手県での自立支援プログラム2019

2月13日、岩手県の児童養護施設からの自立を控えた高校生が参加した「エンジェルサポート岩手自立支援プログラム」が行われました。

県内7施設から集まった16名の高校生は、朝9時から16時まで一日多くのことを学びました。社会人として働く上でのポイント、ビジネスマナー、調理実習、消費契約、お金の使い方、といった内容です。それぞれ専門の講師から講義と実習で体験的に学習しました。誰も居眠りもせず!

異なる施設から集まることで、講義の内容はもとより、同じ立場でお互いによい影響を与え合える刺激になったのではないかと思いました。
またそれぞれの施設の職員の皆様がともに参加し、寄り添いながら体験を共有している様子も見られました。より学びが強化されることと思います。

16名の皆さんの春からの新生活がより安心でよりスムーズであることを心より願います。