おしらせ」カテゴリーアーカイブ

2020年度の活動について

例年ゴールデンウィークに実施しておりました、出身者対象のバーベキューイベントを中止とさせていただきます。
また2020年度のプログラムの実施も現時点で未定です。

新型コロナウイルスへの対応について

今年もエンジェルサポートセンターと連携した自立支援プログラムが、北海道、青森、岩手、福島、東京、神戸、福岡、熊本、沖縄、の全国各地の児童養護施設で行われていますが、新型コロナウイルス感染の影響を鑑み、それぞれ年間予定途中での中止、延期、施設内のみに限定して実施、規模の縮小、などの対応を行っています。
このページでも例年に比較しておしらせが減ってしまっていますが、そのような事情によるものです。
現在は状況の推移を注視している状態ですが、またおしらせできるようになりましたら更新して参ります。

岩手県での自立支援プログラム2019

2月13日、岩手県の児童養護施設からの自立を控えた高校生が参加した「エンジェルサポート岩手自立支援プログラム」が行われました。

県内7施設から集まった16名の高校生は、朝9時から16時まで一日多くのことを学びました。社会人として働く上でのポイント、ビジネスマナー、調理実習、消費契約、お金の使い方、といった内容です。それぞれ専門の講師から講義と実習で体験的に学習しました。誰も居眠りもせず!

異なる施設から集まることで、講義の内容はもとより、同じ立場でお互いによい影響を与え合える刺激になったのではないかと思いました。
またそれぞれの施設の職員の皆様がともに参加し、寄り添いながら体験を共有している様子も見られました。より学びが強化されることと思います。

16名の皆さんの春からの新生活がより安心でよりスムーズであることを心より願います。

自立支援プログラム修了式 2019東京

2020年2月2日、立川市リスルホールにて、昨年から行われてきた2019年度エンジェルサポート自立支援プログラムの最終回と修了式が行われました。
今回のセッションでは児童養護施設出身の先輩社会人の4名の皆さんが講師とアシスタントとして参加してくださいました。

午前は社会人のためのビジネスマナーというテーマで、社会人として企業で働きながら想定されるトラブルや選択肢を想定したゲームを行い、イメージをつけていきました。実際に働いている人たちの意見も参考にして様々な印象を持っていたようでした。「挨拶したのに無視されるとか大人でもあるの…?」といった意外そうな声も聞かれました。

午後は先輩たちの自立の頃や今の暮らし、仕事、人間関係など、個人的な話を少人数に分かれて話す時間としました。金銭管理ができなかったこと、転職したこと、新しい家族を持つこと、さまざまな話をしていたようでした。
ある先輩は「勉強が嫌いだったから進学せず就職したけど、働くと当たり前に毎日勉強するし、資格試験も受けるし、頭悪いやつは仕事ができないとわかったよ」と高校生たちに話していました。先輩同士で「自分のほうが難しい資格を持ってる」「いや受験しただけで合格してないから」など張り合う姿も見られました。

その後は参加者の高校生と先輩と講師スタッフ皆で、ケーキをいただきながらお茶の時間にし、これまでの時間やこれからの進路のことなどで語り合いました。今年の参加者は特に仲が良くて誰とでも一緒に過ごして色々の話ができることが、より効果を高めていったのではないかと思いました。

最後に修了式を行いました。全員に修了証を授与し、自立に向けての決意表明を、このプログラムの実施へのご支援をいただいたホンダ販売労働組合様、また見守り続けていただいた施設の職員の皆様の前でしっかりと語りました。

解散後、先輩のひとりが「自分も高校生のときにエンジェルサポートに出たかった」とつぶやきました。楽しそうで仲良さそうで勉強できるからだそうです。その声は修了したばかりの高校生たちにはどう聞こえたでしょうか。
参加者それぞれ進む道は異なりますが、これまでの先輩がそうであったように、悩みながらぶつかりながらも、よりよい人生を生き生きと過ごしてほしいと願います。

実施にあたりご支援ご協力いただきましたすべての皆様に感謝申し上げます。東京でのプログラムは修了しましたが、これからは北海道から沖縄まで全国各地で修了の時期となります。またAOKI様のご支援によるビジネススーツのプレゼントも行っていきます。

今後とも多くの若者の支援になれるよう、これからも努力して参ります。

2020年 新年のご挨拶

2020年、新年のご挨拶を申し上げます。

昨年も自立支援プログラム、卒業生サロン、わたしのみらい、全国プログラム、施設職員のワークショップ、実態調査、とこれまで同様に活動を継続することができました。

2020年の干支は庚子、これまでの積み重ねから新しいものが生まれ出る年と言われます。
これまで培ってきた経験をもって、より多くの支援に繋げられるよう、一層の努力をしてまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。