2018福島自立支援

1月26日、福島県でのエンジェルサポート自立支援プログラムが始まりました。
今年は県内5か所の児童養護施設から11名の高校3年生が集まり、来る春の自立の時期に向けて学びの機会とすることができました。

初回となる今回は、午前に「一人暮らしに役立つレシピ」として調理実習を行い、手軽で栄養バランスの整った食事を作り、できた料理を食べて昼食としました。。

午後からは「退所後の孤独感や孤立感と向き合おう」というテーマで、学生と社会人の違いやコミュニケーションのコツなどについて学びました。
参加者の高校生はこの日に初めて会ったこともあり、緊張しながらのプログラムでしたが、料理をしたりワークを行うことで、少しは慣れていった様子も見られました。発言を求められた際には全員とも丁寧に答えていて、頑張って参加している姿がありました。

今回から二月に向けてプログラムが進んでいきます。福島ではそれぞれの回を異なる施設の職員の皆様が各回の運営を担当していただき、県内すべての施設から参加者を募っています。この方式でこれまで継続して実施が出来ていることに皆様に感謝申し上げますとともに、今年も高校生の皆さんへの支援ができますことをうれしく思います。
春からはそれぞれの道へ進みますが、少ない機会でも多くの学びのチャンスとしてもらえたらと願ってやみません。

2019児童福祉施設職員のためのワークショップ

2019年の「児童福祉施設職員のためのワークショップ」の開催は、 2019年10月8日(火)・9日(水) の二日間を予定しています。
参加を検討いただいていましたら、日程のご確認をお願いいたします。

北海道での自立支援プログラム2018

エンジェルサポートセンターは、北海道函館市の函館国の子寮と連携し、
2018年度より自立支援プログラムを函館市で実施することになりました。

高校生21名が参加し、1月20日に第3回目の研修と修了式が行われました。
この日のテーマはビジネスマナーとスーツの着方で、洋服の青山の皆様のご協力をいただき、実際に店舗で販売をされているお二人を講師に、資料を使いながらスーツの着方や選び方、保管方法などを学びました。また名刺交換の仕方などビジネスマナーについても学ぶ機会になりました。
とても丁寧で優しく話してくださるので、参加高校生にも親しみやすくわかりやすく伝わっているようでした。

終了後は今年度の修了式が行われました。
エンジェルサポートセンターの高橋理事長から一人ずつに修了証が授与され、国の子寮の柏倉理事長から励ましの言葉が贈られました。

北海道で児童養護施設の高校生に対して自立支援活動を行うのは初めての取り組みですが、理事長先生はじめ職員の皆様の熱心な支援があり、今年実施することができました。

今後ともより多くの若者たちの自立への支援を行ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

謹賀新年2019

あけましておめでとうございます。

2018年もまたお世話になりました。まことにありがとうございました。

皆様のご支援をいただき、2019年もよりよい活動を続けてまいります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

サロンドエンジェル忘年会2018

12月29日、卒業生プログラムのサロン・ド・エンジェルで忘年会を開催しました。

飲食の仕事を続けている卒業生に料理を担当してもらい、高校生たちも含めた7名の参加者と、スタッフの3名とで、食事をとりながらお喋りをして過ごしました。

仕事を終えてからやってきた参加者もいて、仕事の様子や生活のことなどの話、またここでしかできないような話など、たくさんの話をしてくれました。
エンジェルサポートセンターの活動は来年で17年、続けていることで多くの卒業生の人生に長く関わることとなっています。

今後とも多くの卒業生が安心して参加できる会を続けていき、過ごす場所として続けていけるように継続していきます。